漫画×スポーツ×ランキング

好きなスポーツ漫画について話したいと思います。将来的にはランキングを作成できたらと思います。

ROOKIES

 

 

川藤幸一野球部監督就任

 

 

二子玉川学園高校に編入してきた現代国語の教師の川藤幸一

前の学校で暴力事件を起こしたが校長の村山に拾ってもらった

川藤は心を入れ替えて一から出直すつもりだったが校長はこのままでいいと言う

 

 

二子玉川学園高校は半年前に野球部の不祥事があり、当事者の

一年生は手が負えない状態だった

校長は今まで通り彼らの指導をして欲しいと。。。

 

 

教頭と学校を回っている時に野球部最後の2年生の小林と会う

小林は学校を辞めて一年生に復讐しようとしていた

小林は昔の野球部を守りたかった

川藤は小林と君の野球部を守ると約束する

 

次の日川藤は野球部の監督をしたいと校長に願い出る

それは願ってもないと快く快諾する

校長は川藤を使って野球部を処分しようと企んでいた

 

川藤は野球部を立て直し、野球部のみんなを変えようと動き出す

川藤の本気の行動により御子柴と関川が野球部に戻る

部活を開始した関川達に、容赦ない制裁を加えた新庄

それを機に新庄は野球部から孤立する

荒れる新庄は、不良達との喧嘩で窮地に陥るが、そこを川藤に救われる

そして他のメンバーも心が動かされ始める

 

 

f:id:takuroido:20181008192606j:plain

 

 

野球部始動 

 

そんな時、用賀第一高校から電話がくる

要件は毎年恒例の練習試合

川藤が勝手電話に出て練習試合を受けてしまう

校長から、1ヶ月以内に更生させれなければ

辞表がかけるかと言われ、承諾してしまう

そして、若菜が野球部に戻る

関川・御子柴・若菜に触発され

岡田・桧山・湯舟も野球部に戻る

しかし、学校中から野球部は丸くなったと標的にされる

それにブチ切れた若菜達は野球部を辞めると言い出す

しかし、新庄がみんなの代わりに仕返しをする

何とか、若菜達は野球部を辞めずにすむ

そして、御子柴をキャプテンにして再始動する

そして、今岡が入部

塔子が野球部のマネージャーになる

塔子目当てで平塚も入り、野球部は8人になる

安仁屋も心動かされているが素直になれず、野球部に戻らない

意地をはっていた安仁屋だったが

川藤と塔子のおかげで野球部に復帰

試合1週間前にようやく9人揃った

 

f:id:takuroido:20181218214852j:plain

 

用賀第一高校練習試合

 

用賀第一高との練習試合に挑む二子玉川野球部は

序盤、安仁屋の好投と本塁打で、先取点を奪取

だが、盛り上がったのも束の間、前日の無理な投げ込みで

安仁屋の疲労はピークに

ピッチャー交代を命じた

ピッチャーは五十音順で1回ごとに交代

7回表が終わり、8対1

7回裏に二子玉川高校の反撃開始

みんなで繋ぎ、安仁屋の3ランホームランで同点に

8回に1点返されるが、再び安仁屋が登板し、その後は無失点に抑える

そして、9回裏関川が出塁し、ツーアウト1塁で若菜に打順が回る

しかし、若菜は安仁屋の球を受けて左手の感覚が無くなっていた

そこに新庄が現れ、ようやく野球部全員集まる

ここで、代打新庄

新庄がヒットを打つが、クロスプレーで関川がアウトになり

試合終了、9対8で敗れる

しかし、初の練習試合に確かな手応えを掴んだ

 

f:id:takuroido:20181218215041j:plain


 

 

目黒川高校戦 

 

結束を固くしたチームは、甲子園を目指し、いよいよ本格始動

そんな中、二子玉川野球部の桧山が目黒川高校の野球部員に絡まれた

その中には、かつて暴力事件で二子玉川を出場停止に追い込んだ

張本人・江夏の姿があった

そこへ止めに入った川藤は、試合で決着をつけることを提案する

目黒川高校は全員安仁屋クラスのエリート集団だった

初回ノーアウト満塁で安仁屋に打順が回るが三振

無得点に終わる

そして、初回目黒川の河埜に先制ホームランで一点を先取されたものの

二子玉川は安仁屋のカーブでエリート野球軍団の打線を封じる

やがて乱れ始めた相手投手・江夏から1点を奪い、勢いづく二子玉川

一方、予想外の展開に苛立つ目黒川は戦意喪失、試合放棄も同然のプレー

ついに二子玉川は逆転

そして、川藤ついに動く

目黒川に説教を始めてしまい、目黒川は息を吹き返す

そして、白熱した試合が繰り広げられる

 

f:id:takuroido:20181218215734j:plain


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハイキュー‼︎

 

 

 

中学最後の公式戦

 

日向翔陽は雪ヶ丘中学3年のバレーボール部主将

中学3年にして初めての公式戦

部員1人の中、助っ人2人と一年生3人でなんとか出場

しかし、初戦はコート上の王様影山飛雄率いる優勝候補の北川第一中学

試合は天才影山に惨敗してしまう

リベンジを誓い烏野高校バレー部の門を叩く

 

f:id:takuroido:20181217012233j:plain

 

烏野高校入学

 

日向は3年3ヶ月前にみた春高バレーの烏野高校の小さな巨人に自分を照らし合わせて

憧れていた

そして烏野高校に入学した

しかし、そこには高校でリベンジをしようと思っていた影山もいた

日向と影山は入部前に喧嘩をしてしまい、キャプテンの澤村に

お互いがチームメイトだと自覚するまで部活には参加させないと言われてしまう

 最初は無視して、トスを上げない影山だったが日向のひたむきな姿勢に

心動かされる

 

f:id:takuroido:20181217142531j:plain


 

 

 

3対3

 

日向と影山は入部早々喧嘩をしてしまい、罰として部活に参加出来なくなるが

影山と日向は勝負を持ちかける

そこでキャプテンは日向達以外に入ってくる一年生と3対3で勝負して勝ったら

練習参加、負けたら影山にセッターはやらせないという条件

日向達のチームには2年の田中が加わる事となる

相手チームは同じ一年の月島蛍と山口忠、そしてキャプテンの澤村に3人

月島は事あるごとに影山に突っかかる

そして、日向のスパイクはことごとく月島にブロックされてしまう

影山は日向の動きに合わせてその場所にボールを運ぶという離れ業を繰り出し

見事勝利、2人は入部を認められる

 

f:id:takuroido:20181217143151j:plain

 

 

 

 

練習試合 県ベスト4 青葉城西高校戦

 

日向と影山が無事に入部し、

練習試合が決まった

相手は県ベスト4の青葉城西高校

練習試合をする条件として影山をセッターとしてフル出場させる事

第1セットは日向が緊張しまくりで影山の後頭部にサーブをぶちかますなど

散々な内容で第1セットを落としてしまう

第2セットは影山・田中先輩のおかげで緊張も解け反撃開始

日向と影山のコンビプレーで第2セットは取り返す

そして、第3セット烏野のマッチポイントで

青葉城西は正セッターの及川徹が出てくる

及川は影山の師匠で影山をフル出場を条件に出した張本人

サーブであっという間に追いついてくるが最後は

日向と影山の速攻で烏野の勝利

 

f:id:takuroido:20181217145911j:plain

 

烏野高校再始動

 

烏野高校の天才リベロ西谷が1ヶ月の部活禁止から復帰 

そして烏野高校には3年の東峰旭というエースがいた

旭は試合で何度もブロックされて試合中に心が折れてしまい

バレーボールに対する情熱を失っていた

それに腹が立った西谷は旭と廊下で言い合っているときに

教頭に手を出してしまい謹慎

旭もバレー部から遠ざかっていた

しかし、みんなの後押しで旭は復帰

鳥養監督の孫の鳥養をコーチに招き入れ再始動

 

f:id:takuroido:20181217155429j:plain

 

 

 

 

 

 

 

キャプテン翼

 

南葛小入学

 

サッカーボールを友達に育った大空翼は小学6年生

南葛小に転校してきた翼は、修哲小の天才GK・若林源三と出会う

翼は若林に勝負を挑む

そして、その勝負を見ていたブラジルナショナルチーム

センターフォワードロベルト・本郷

そして勝負の決着は両校の対抗戦でつける事になる

対抗戦までロベルト・本郷が南葛小の監督をする事に

ロベルトは翼の父親の友達で翼の家に居候することになった

ロベルトは網膜剥離と診断されていて、一部の望みにかけて

日本に来たが、やはり網膜剥離で引退を決意

しかし、翼のプレーを見て翼を一流のプレーヤーにするという生きがいを見つける

対抗戦は一進一退の攻防

試合終了間際に石崎の体を張ったプレーで翼がゴールし延長戦にもつれる

怪我をした石崎の代わりに南葛小に引越してきた岬太郎が出場する

若林のオーバーラップでゴールを奪われるが

翼と岬のゴールデンコンビでゴールを奪い返す

そして、翼対若林の初対決は、50分に及ぶ死闘の末、引き分けに終わる

 

 

f:id:takuroido:20181217163630j:plain

 

 

南葛SC始動 県予選

 

南葛市で、全国大会に向け選抜チームが作られる事になる

そして、ロベルトは翼をブラジルに連れて行き世界一の選手にしたいと

翼の両親にお願いする

そして、翼はロベルトと一緒にブラジルに行く事を決意

そんな中、明和FCの日向小次郎が現れる

小次郎は若林に勝負を挑み、あっさりゴールを決める

若林は怪我を再発していた

しかし、強烈なシュートは万全の状態でも止められたかどうか。。。

若林は全国大会で雪辱を誓う

選抜テストが行われ翼・岬・若林・石崎などが選ばれ、県予選に臨む事となる

県予選は順調に勝ち進み準決勝を迎える

若林は怪我の状態が良くなく、決勝に向けて大事を取った

しかし、 準決勝の島田小戦で思わぬ苦戦を強いられるが翼の活躍で何とか勝利

決勝は若林が復帰し、完勝

全国大会行きを決める

しかし、この試合で若林は再び怪我をしてしまう

全国大会は絶望となり、キャプテンを翼に託す

日向と対戦するまでには必ず戻ると約束して

 

全国大会 グループリーグ戦

 

全国大会グループリーグ初戦は明和FC

日向小次郎率いる因縁の相手

いきなり初戦で優勝候補同士の戦い

翼と小次郎は互角の勝負を繰り広げるが

最後に伏兵沢田君のゴールで明和FCが

7対6で勝利を収める

 

 

f:id:takuroido:20181218135809j:plain

 

 

そして、グループリーグ最終戦

南葛は3勝1敗

終戦の相手は花輪

明和が4勝1分でグループ首位で突破

3勝1分の花輪と南葛はグループリーグ突破をかけて勝負する事になる

最大のライバルとなる南葛のグループリーグ敗退を望んでいた日向は

わざと花輪線を引き分けに持ち込んだ為

南葛は勝利しないとグループリーグ敗退が決まる崖っぷち

立花兄弟のアクロバティック空中サッカー・石崎君のオウンゴール

リードを許すが、

この大会で転校する岬の為に一致団結し

3対2で花輪を下し、決勝トーナメント行きを決める

 

 

f:id:takuroido:20181218140238j:plain

 

 

 

B-TRASH!!

嵐矢平人は悪口(トラッシュトーク)と負けん気の強いワンマンバスケットボールプレイヤー。とある出来事を切っ掛けに、バスケ強豪校である黄金山高校打倒を目指し、並みの高校・波高に入学する。そこのバスケ部に集まるクセ者達とは…。

 

今回紹介するのは「B-TRASH!!(ビートラッシュ)」という漫画です。

高校バスケ部に所属する主人公が繰り広げる、バスケ漫画

トラッシュトーク(悪口)が漫画の題名にも由来されているんですかね?

主人公はゴリゴリの武闘派みたいな性格で、自己主張がかなり強いキャラ設定のようです。

では気になるあらすじを早速、見ていきましょう!

他にも似たような漫画が好きな方はこちら!

 

主人公の嵐矢平人はスピードと得点力のあるがワンマンプレーヤーで口が悪い

高校は全国常連の黄金山高校に入って全国大会を目指していた

しかし、黄金山高校の監督にスカウトされたのは平人の唯一の理解者の秋信優だった

 

そして平人は県立波南高校に進学する

強くもなく弱くもない通称並の波高と言われている

いわゆる普通の高校

 

そこで黄金山高校を倒して全国大会に出ると宣言

そこで同じ一年の水堂竜士と出会う

 

f:id:takuroido:20181024225529j:plain

 

 

 

 

弟キャッチー 俺ピッチャーで!

シニアで関東最強バッテリー投間兄弟

 

しかし、両親の離婚により

 

弟は父親と一緒に暮らし、兄は母親と暮らすためモンゴルに行くことになり

 

バッテリーは解散してしまう

 

それから二年後

 

兄の世史は母親の再婚により日本に帰ってくる

 

しかし、弟はグレていて野球をやめてしまっていた

 

兄の一矢は日本に帰ってきて、弟と同じ高校に入る

 

そして弟と一緒に野球部に入ろうとするが

 

野球部から反対を受ける

 

そこで一矢は弟とのバッテリーで打ち取ったら

入部させてくれと勝負を挑む

 

f:id:takuroido:20181025225311j:plain

無料キャプテン翼 KIDS DREAM

「KIDS DREAM」は高橋の「キャプテン翼」をリメイクしたタイトル。舞台設定が現代へと変更されており、原作と同様に小学生の大空翼と天才と謳われるゴールキーパー若林源三の出会いから物語はスタートする

 

 

 

南葛小入学

 

サッカーボールを友達に育った大空翼は小学6年生

南葛小に転校してきた翼は、修哲小の天才GK・若林源三と出会う

翼は若林に勝負を挑む

そして、その勝負を見ていたブラジル代表

センターフォワードロベルト本郷

そして勝負の決着は両校の対抗戦でつける事になる

対抗戦までロベルト・本郷が南葛小の監督をする事に

ロベルトは翼の父親の友達で翼の家に居候することになった

ロベルトは網膜剥離と診断されていて、一部の望みにかけて

日本に来たが、やはり網膜剥離で引退を決意

しかし、翼のプレーを見て翼を一流のプレーヤーにするという生きがいを見つける

 

f:id:takuroido:20181218143004j:plain

 

 

フォーシーム

 

 

あらすじ

 

かつての豪速球投手・逢坂猛史36歳

王様気質で暴れん坊でバツイチで

峠を過ぎたと揶揄される先発投手

日本中が注目する大一番のマウンドで、交代を告げられた逢坂は

なんと自軍の監督をネックハンギング

どこからも見放される逢坂が、次なる戦場と定めたのは

なんとメジャーリーグだった

 

日本球界追放

 

逢坂猛史は日本球界で長年大活躍をしてきた先発投手であったが

衰えが見え始めた36歳

クライマックスシリーズ終戦に監督から

お前と心中する、この試合は任せると男気を示されて発奮し

期待に応えて7回まで相手を零封していたが

8回裏に無死満塁の大ピンチを迎える

そして、監督からは降板を言い渡される

その采配に全く納得できない逢坂は

マウンド上で監督の首を吊り上げて大暴れ

そのまま退場となり、日本中から猛批判を浴び

日本球界から永久追放

 

 

f:id:takuroido:20181210083022j:plain

 

 

メジャー挑戦表明

 

現役続行は誰もが不可能と思われたが

自ら会見を開き、大リーグへの挑戦を高らかに宣言する

そして、知り合いの日本人スカウト庄司タローが所属していた球団

オークランド・アスリーツに入団すると宣言

日本との関係悪化と信用を考慮した球団側に

何とかキャンプでの招待選手の一人として参加を認められる

しかし逢坂には実は深刻な問題が存在した

彼は極度の飛行機嫌いで搭乗後は体調も狂いやつれてしまう

渡米前に庄司タローと何度も国内線の飛行機に乗って、必死に特訓

逢坂は何とか大リーグのキャンプに参加する

 

f:id:takuroido:20181210083257j:plain

 

 

メジャー挑戦〜紅白戦・オープン戦〜

 

日本流の投げ込みを完全に否定する大リーグの流儀に反発し苦しむも

大ベテランのキャッチャーであるペレスから理解と協力を得て

抜群の制球力で認められるようになってきた

だがGMからは日本で監督を試合中に首吊りした危険人物とみられ

紅白戦、オープン戦で無失点でなければ即解雇の無理難題を言い渡される

誰もが無理と諦めてしまう展開であったが、

逢坂の経験と度胸、それに精密機械のような制球力で

ピンチをことごとく切り抜けて

遂に最後まで無失点でオープン戦を過ごすことに成功し

メジャー契約を勝ち取ったのである

 

 

f:id:takuroido:20181210083508j:plain